モーニング

GWに群がると予想

モーニングですよ。今日から、珈琲館。何というか不思議な響きですね。モーニング。(はてなのモーニングには、モーニングコートがない。庶民が)そういえば、私も実家帰って行きたい場所はと聞かれ「モーニングでもする」とか言って近くの喫茶店に行った記憶があるわ。(東京に戻ってきて「メイドを久々に見たい」という理由でメイド喫茶行ったし)東京の場合、価格調整が難しいですからね。そこまで大盤振る舞いできないわけですね、残念ながら。あとは朝の時間帯の大半を通勤電車内にしてしまうというところ。「Third Place」としての地位を築こうとしているスターバックスは、確かに役立つんだけれど。あとはルノワールも。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060430-00000029-mai-bus_all
もう、NTTの年金訴訟は多いし、何が何だかわかりません。
ちなみに気になったのは

黒字はリストラなど企業努力の結果

リストラは企業努力の一番最初に言う言葉じゃありません。経営者として、何かおかしい。

  • アッズーリ

インザーギもルカレッリもキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
イタリア代表候補、今回の招集ではコッパ・イタリアがある都合でASローマインテル・ミラノの選手は呼ばれていない(それでも選ばれるのだろうか、マルコ・マテラッツィ)けれど、FWについにフィリッポ・インザーギが復帰。クリスティアーノ・ルカレッリも招集されたと。フランチェスコ・タヴァーノも初じゃないかな。フランチェスコ・トッティのポジションとしたら彼か。デル・ピエーロ起用の時は変則3トップだったからドイツ戦。
それはそうと、FWではマッシモ・マッカローネ選手、間に合いませんでしたね。最後のアピール。

全治6週間、ギリギリW杯間に合うとか言われていたところ、7週間でグループリーグが間に合わないとか、厳しい話ですよ。
イングランドのFWはボロボロじゃないか。マイケル・オーウェンもケガばっかりだし、ムダウチは点決める選手じゃないし、ダレン・ベントジャーメイン・デフォーに頑張って貰うしかないよな。北アイルランド戦に懲りて中盤からの飛び出しを期待する4-5-1をするはずもないし。

  • 降格するチーム

バーミンガム・シティ、ウェスト・ブロミッジ、そして既に前からサンダーランド
ストラスブールアジャクシオ、メス
マラガ

まぁそれよりもポーツマスを危機から救ったハリー・レドナップを凄いと言いましょうや。Manager of the yearでもおかしくないですよね。ジョゼには悪いが。
しかし、降格決定した2チームの監督が元マンチェスター・ユナイテッドの選手でありコーチというのは、何ともイヤな話だな。泣きたいぜ、本家のマンチェスター・ユナイテッドスタンフォード・ブリッジで痛い目にあったわけだしな。ファギー
ストラスブールuefa杯も戦った苦しみが出たというところ。W杯にも出るであろう、ポントゥス・ファルネルトはどうなるやら。来季。

http://www.hmv.co.jp/news/newsdetail.asp?newsnum=605010048
ユージン・オーマンディによるマーラー交響曲第10番。エリック・クック第2稿。アメリカ初演を果たした演奏であるが、あんまり評判は良くなかったそうで。
しかし、それにしてもこのHMVの下にある年表といい、このwikipedia中身といい、凄いな。これは。
クック版で有名なのは第3稿です。勿論。第2版が一番録音多いです。

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1387840
本日、タワーレコードで見つけた、買おうか買うまいか悩んだCD。私はジャズのことなんぞさっぱり分からず、ただ塩谷哲の曲が入っていたこともあって、他人に勧めて感想を聞きたいわけだ。「Brazilian Rhyme」は名曲です。原曲はToto

ジャズ・キングダム

ジャズ・キングダム

ですな。しかし、中の曲が違うのは何故やら。