テキトーに見ていた日本代表の試合、グアテマラ戦。
長居スタジアムラグビーの22mラインと思しき戦が痛々しい感じと、毎度見るマラソンゲートってどうよとか考えるのは抜きにして
試合としては、興業としては優秀。チーム作りは監督であるザッケローニが指揮した試合でないわけだし、これからよと感じて、勝ったことを喜びましょう、ヒロミJAPAN(郷ひろみが先に出るので、その名称、どうかと思うぞ)2連勝。
そんな本日は、欧州ではマジな公式戦、欧州選手権予選なんだけどな。

さっそく2連敗でブルガリア代表監督は辞任。場所が変われば状況も大違い。

やっちまったな。テオ・ウォルコット。(オレは書いていた文章を消した、アホだ)
お騒がせしたルーニーさんがゴール。
やっちまったといえば、コンパニが赤紙退場。リヒトシュタイナー赤紙。サマラスはプレゼントボールを外す。やっちまった。
やっちまってた、フランスは、ベンゼママルーダのゴールで勝利。ベラルーシに負けたのが後に引かなさそうなのは、他がコケているから。

試合について書くより、ザッケローニの通訳のお話が面白いんだが。

真面目な話、試合の内容としては、攻撃は80点、守備20点不合格という印象。

続きを読む

何故か、トロイ・スミスがボルチモアをカットされて、早々に、サンフランシスコに移籍できたことをちょっと喜んでしまった。ワイルドキャット要因として期待されたけれど、何にも出来なかったQBだけどねぇ。49ersのどこかで出番はあるかしら。一応、3rdですが。
それから、ニュースになっているのは、アルバート・ハインズワースについて、ワシントンとテネシーが会談したと。今季からワシントンは新HC、新DCで、3-4体型にする故、4-3のDTとして慣れ親しんだハインズワースは拒否反応を示したり、体力テストに落ちたりと、色々やらかしてくれてますからねぇ。給料だけ大金支払っておきながら、活躍しないのはイヤだよ。